2011年06月10日

節電目標は具体的な数値で!

関西電力でも夏の電力供給不足の不安から,企業,一般家庭に節電を求めるとの報道がありました.

節電方針にはまったく異論はありませんが,ここでの節電目標の提示方法は異議ありです.

関電の場合,15%という数値を示していますが,これは相対値です.例えば日ごろからエアコンの使用を控え,電球は既にLED型に交換というような家だと,後は冷蔵庫でも止めないとというバカな話になってきます.

聡明な方はお気づきだと思いますが,節電目標を具体的な数値で与えないからおかしなことが起こるのです.一人当たり月,何kwhというような具体値を示せば,その数値以下のところはできるだけ現状維持すればよいし,大幅に上回っているところは,生活習慣から見直すということが必要でしょう.

絶対値で示しておかないと,目標をクリアできているかどうかわかりにくいので,まぁいいかという人も多いと思いますよ.


2011年6月10日
関西電力株式会社

今夏の需給見通しと需給対策の状況について 当社はこれまで、東日本大震災を受けて様々な状況を想定し、今夏の需給の見通しについて検討してきましたが、現在、定期検査中の原子力発電所が再起動できず、このまま停止が長引いた場合、十分な供給力を確保できず、電力需給は極めて厳しい状況となります。

 当社は、こうした状況を踏まえ、供給力確保に向けて、火力発電所や水力発電所を最大限活用すべく検討を進めてきましたが、当社の原子力発電所の停止による影響に加え、日本原子力発電・敦賀発電所2号機からの受電が受けられないこと等を考慮すると、こうした対策を講じても、6月には予備率が6%台前半となり、さらに本格的な夏を迎える7月以降は、需要が供給力を大幅に上回る見通しとなります。
 そのため、さらに、揚水発電所の高水位運用や火力発電所の出力向上といった追加対策の検討を進めていますが、これら対策を実施しても、依然厳しい需給状況となる見込みです。

 当社は、定期検査中の原子力発電所の再起動に全力を尽くしておりますが、お客さまとの情報交換の中で、節電が必要であれば、早期にかつ具体的に示して欲しいという声も多く寄せられています。
 こうした状況を踏まえ、いよいよ本格的な夏を目前にして、供給力不足による停電を回避するため、この度、やむを得ず、お客さまに節電のお願いをすることとしました。
 具体的には、7月1日から9月22日の平日9時から20時までの間、すべてのお客さまに15%程度の節電をお願いすることとします。
(抜粋)
http://www.kepco.co.jp/pressre/2011/0610-1j.html



posted by A. Y. at 18:17| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。